老いの準備・終活・エンディング・終活ニュース

退職後の始末・人生の始末・終い・たたみ方を考えてみたい。整理してみます。

もしもの時 壱

「もしもの時に備えて」であるが、その時とは

 

コミュニケーションがとれなくなった時と考えたい。

 

1 正常な会話(話す・聞く・伝える・理解する)ができない状況になる

2 意識がない状況になる

 

重篤な状態に陥る → ①偶然・突然   「事故、災害」       ← 緊急の「もしも

重篤ではない   → ②健康に不安   「入院・治療中・施設生活」 ← 緊急に備える「もしも

           ③特に心配しない            ← 老いの準備としての「もしも

3 「備える」の事

 

 他の人にわかるようにしておくこととなる。

 

①の場合 → 「緊急カード」・・・・・・・・ 保険証番号・血液型・連絡先などのような緊急時対

                                              応 のメモ的なもの

                       日ごろ持ち歩くものに保管しておく。

 

②の場合 → 「エンディングノ-ト」・・・・ 緊急カードの内容+重篤な場合を想定した伝言性のあ

                                             るもの。

                       終末医療の希望・認知症に備えて・相続、葬儀のこと

                                             などの伝言、遺言的な内容

                       自分の生い立ち・伝えておきたいこと・感謝の気持ち

                                             などメセージ性のある内容

 

③の場合 → 「マイライフプランノート」・・ これからの自分の人生をすばらしいものにするため

                                             に、「自分の死を考える」作業をするノート

                       過去の自分を振り返る内容、現在のくらし(経済的・

                                              物質的・精神的豊かさ)を確認する内容、将来の   

                       自分(家族無も無含め)のありたい姿を考える内容、人

                                              生設計図を作る作業。

つぎは 「緊急連絡カード」