老いの準備・終活・エンディング・終活ニュース

退職後の始末・人生の始末・終い・たたみ方を考えてみたい。整理してみます。

mosmimo 相続 追加 法定相続情報証明制度が始まる

   法務省平成29年3月28日に、全国の登記所(法務局)において「法定相続情報証明制度」が平成29年5月29日から開始されることを発表しました。今後の相続手続きが簡素化できるとのことですが、その影響や使い勝手はどうなのでしょうか?

 

     不動産登記のこと

     証明書があれば、戸籍謄本一式は一部で済み、必要な時間が少なくなり、費

                用も安くなる。

 

問題だった!何が?

 

◇ 不動産の登記は手間や時間がかかるため後回しにし、そのまま名義変更をしないままになることも多い。

◇ 名義変更がされずに空き家になり、また売却等も進まないことも問題となっていました。

◇ そこで法務省は、相続登記を促進するため法定相続情報証明制度を新設することにしました。

 

 証明書の発行までの流れは?

 

 

 

◇戸籍謄本等一式と相続関係を一覧に表にした図(法定相続情報一覧図)を登記所に提出します。

 

「法定相続情報一覧図」とは、被相続人の氏名,生年月日,最後の住所及び死 亡   の年月日並びに相続開始の時における同順位の相続人の氏名,生年月日及び被相続人との続柄を記載した書面のことを言います。

 ◇登記官が内容を確認し、認証文を付した法定相続情報一覧図の写し(証明書)が交付されます。なお同時に戸籍謄本等一式の原本は返却されます。

◇この写しは発行手数料等はかからず無料で交付され、名義変更等が必要な数だけ複数交付が可能ですので、同時に複数の名義変更等の手続きが可能になります。また法定相続情報一覧図は登記所で5年間保管され、この間は写しの交付も可能です。

 どこに誰が?

相続人が、相続人の住所地、被相続人名義の不動産の所在地のいずれか登記所に

 

記載例    法務省 

http://www.moj.go.jp/content/001222823.pdf