老いの準備・終活・エンディング・終活ニュース

退職後の始末・人生の始末・終い・たたみ方を考えてみたい。整理してみます。

mosimo 遺書・遺言

遺言と遺書の違い

 

 家庭裁判所に持ち込まれた遺産分割事件は、昭和60年には6176件だったものが平成22年には1万3596件となっていて、2倍以上である。相続が争続と言われるようになったがわかる気がする。

 

 遺産額が5000万以下の事件が75%を占めている。1000万以下で紛争になって家庭裁判所にもちこまれるのが32%ある。(少ない方がもめるということ)

 金融資産が少なく自宅不動産は売れないとなると、相続する権利があるとはいえ、相続税が払えない状況に陥るからであう。

 

()遺言

 

  辞書的な意味としては

 

 ①死に際に言葉を残すこと。生前に言ったこと。

   書きとどめたものが遺書

 ②死亡後に効力をもたせ

るために、遺贈・相続分の指定、相続人の廃除、認知など、民法上、一定

  の定められた方式に従ってする単独の意思表示をいう。

 

遺言は、自分がいつか死んだときに備えて元気なうちに書いておくもの。

 

() 遺言の内容

 

  上記に記述済

 

() 専門家

 

  弁護士だけでなく、司法書士行政書士も行っている。

 

遺言書とはどんなもの

 

遺言者が生前に家族や第三者にどのように財産を分けるのかという財産分与の方法を具体的に指示・指定するむことができるもの。15歳以上て意思表示能力があればだれでも作成できす。

 

(1) 遺言書を書いておいた方がいい人は・・・・・・・・・

 

◎子どもがいない人

 

 夫婦の一方が亡くなると、亡くなった人の親(親がいなければ兄弟姉妹)も相続人になります。配偶者がスムーズに財産を相続し、安心して暮らすためには遺言書が不可欠です。

 

◎複数の子どもがいる人

 

 親の死後、長男や、親と同居していた子どもが相続分を多く主張し、トラブルになるケースが多く見られます。子どもの間に経済的な格差がある場合も、注意が必要です。

 

◎第三者に財産をあげたい人

 

 遺言書がなければ、第三者への財産分けは実現できないと考えたほうがよいでしょう。相続人が、自分にとって不利になることを進んで実行することは期待できないからです。

 

◎事業を引き継がせたい人

 

 事業で使っていた不動産を複数の相続人が相続するなどして財産が分散し、事業を継続できなくなるおそれがあります。株式の相続でもめると、会社経営に影響を及ぼします。

 

事実婚をしている人

 

入籍せずに夫婦として暮らしているカップルは、互いの財産を相続できません。そのため、それまで共有していた不動産の相続が問題になったり、残されたパートナーが預貯金を相続できず、生活に困ったりする可能性があります。

 

◎何度か結婚し、そのたびに子どもをもうけた人

 

片親の違う子どもたちが互いに気まずい思いをしたり、相続の手続きがうまく進まなくなったりするおそれがあります。

 

◎相続人に高齢者が多く、遠くに住んでいる場合

 

(2)種類     

(3)内容             次回へ