老いの準備・終活・エンディング・終活ニュース

退職後の始末・人生の始末・終い・たたみ方を考えてみたい。整理してみます。

mosimo 遺書・遺言

遺言書の種類

 

 遺言者が生前に家族や第三者にどのように財産を分けるのかという財産分与の方法を具体的に指示・指定するむことができるものてす。15歳以上て意思表示能力があればだれでも作成できます。

 

 

自筆証言証書

公正証書遺言

秘密証書遺言

記入者

本人

公証人(口述)

誰でもいい

証人・立会人

不要

証人2人以上

証人2人以上と公証人

秘密保持

できる

公証人と証人は内容を知る

内容は知らないが存在を知る

検認

不要

長所

安価

存在と内容が確実

存在が確実

短所

無効となる可能性がある

 

手間と費用がかかる

手続きが複雑

 

 

遺言書の内容

 

 遺言書は自身の意思を残す事ができ、トラブルの回避に有効ですが、どんな事でも効力が発生するわけではありませんので、法律で認められた事項を踏まえて残しておく必要があります。以下に法律で認められた遺言事項をご案内します。

 

<相続に関する事>

 

①相続人の排除、排除の取り消し

②相続分の指定、指定の委託、特別受益者の相続分の指定

③遺産の分割方法の指定、指定の委託、分割の禁止、共同相続人の担保責任の指定

遺留分の減殺方法の指定

 

<相続以外の遺産の処分に関する事>

 

⑤遺贈

⑥財団法人設立のための寄付

⑦信託の設定

 

<身分上の事>

 

⑧認知

⑨後見人、後見監督人の指定

 

<遺言執行に関する事項>

⑩遺言執行者の指定および指定の委任

 

何だか小難しいですね。。。 遺言書を残すのが嫌になってしまいそうです。。。しかし、全くすべてを盛り込む必要はありません。例えば「長男には土地を相続する」と言う場合は上記の③の「遺産の分割方法の指定」ですし、「お世話になった○○さんに●●万円を残したい」と言う場合は⑤の「遺贈」です。自分の意思や環境に応じて使い分けていけばよいのです。

 

なお、「家族仲良く円満に」などと言う遺言は遺言書に記載する事は問題ありませんが、法律で認められた事項ではありませんので、希望が叶うかどうかは相続人の方々に委ねることとなります。

 

※  遺言書を・・・・・・。相続は???????

     と考えているひとは      信託    も あり       次回へ