老いの準備・終活・エンディング・終活ニュース

退職後の始末・人生の始末・終い・たたみ方を考えてみたい。整理してみます。

遺言☞相続税

どうして 相続税が・・・・・・・・・・・・

遺したい。moraitai。  だから   節税

 

 

相続税とは

 

 一定額以上の財産を持っている人が亡くなられた時、それを受け継ぐ人が納めなければならない税金。

    税額は固定ではなく、様々な条件で違う。

    節税対策ができているかどうかで税額が大きく変わってくる。

 

 基礎控除があり、それを超えない場合は、相続税は発生しない。

 

節税のための基本

 

 生きているうちから対策する事。

  まずは「財産一覧表」を作成すること。

 

財産の内容

 

.現金 貴金属 預貯金 有価証 土地、建物 借入金 生命保険 ゴルフ会員権など

 

 

ここで  節税  を大前提に考えていくと  大失敗を引き起こす。

節税  → 相続対策=円満

祖続対策を考えていくこととする。

 

 

4 対策    3つの柱

 

①遺産分割対策

 

②納税資金対策

 

③節税対策

 

一家父親が亡くなった。

実家の土地を誰が継承するのかという問題が浮上。

長男は自分が土地を相続するものと考えていた.

次男は土地を売却して現金で等分すべきだと主張。    相続が争続へ

 

生前から親子がきちんと話し合っていれば無用な混乱を避けることができ。

遺産分割が行われていなければ適用できない相続税節税があるので果的に節税にもなる。

 

次は「納税資金対策」。

 

※ 争続が予想される場合は遺言を・・・・