老いの準備・終活・エンディング・終活ニュース

退職後の始末・人生の始末・終い・たたみ方を考えてみたい。整理してみます。

相続税 どっれくらい払うのか

わかりやすい

 <http://chester-souzoku.com/simplified-chart-896>のサイトよりり

 

相続人が配偶者と子どもの場合

simplified-chart1

1-2 相続人が子の場合の相続税の早見表

2つ目のパターンとしては子だけが相続人のケースです。上記と同様に遺産総額は対象者が多い5,000万円~1億円までは細かく計算結果を記載しています。

simplified-chart2

2. 配偶者がいる場合は二次相続まで考える必要がある

2つのパターンの大きな違いは「配偶者の有無」ですが、この理由は相続税の配偶者の税額軽減特例にあります。この章では配偶者の税額軽減が相続税の早見表に与える影響を解説していきます。

相続税の配偶者の税額軽減特例とは、夫婦間で財産を相続する場合には1億6千万円もしくは法定相続分のどちらか高い方までは相続税が非課税になる特例です。

1億6000万円の財産を夫婦間で相続しても相続税がゼロ円なのですから、非常に減税効果の大きな特例です。

 

 

相続税kの申告は、亡くなってから10か月以内・・・・・・・・・・・

 

自宅、預貯金・・・・1置、相続人3人 とすると     770万円

葬式費用のことも考えると                                    10000万円の現金が必要となる

 法定相続としての試算

         ↓

節税をする。したいと思うのが普通だ。それも、二次相続も・・・・・・

        ↓

税理士を頼んだ方がいい。・・・・・・・・  税理士協会の紹介とはならない

       ↓

最終的には専門家に頼んだり、税務署へ何回も行くことになることが予想されるが

節税について学び,元気なうちに対策をして」いく。

 

14の方法がある

                                                             明日へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 節税のおもな方法