老いの準備・終活・エンディング・終活ニュース

退職後の始末・人生の始末・終い・たたみ方を考えてみたい。整理してみます。

終活ニュース 3 お墓の費用

こんな記事が・・・・・・・・・・・・・・・

 

■お墓の費用は全国平均で200万円前後        日経

 お墓にかかる費用は地域や内容によりさまざまですが、墓地に墓石を建てる一般墓の場合、墓石の代金と墓地を使う永代使用料の全国平均額はこの数年、200万円前後を推移しています。

葬儀やお墓の情報を集めたポータルサイトを運営する鎌倉新書の調査によると、2016年は全国平均が181.5万円。2015年の201.6万円に比べ20万円低下。直近5年間では最も低い水準です。

お墓といえば「墓地に墓石を建てて、先祖代々守っていくもの」というイメージが強いかもしれません。

 しかし最近はライフスタイルや家族のあり方に対する考えが多様化し、それに合わせたタイプのお墓が登場しています。最近人気の「樹木葬」と呼ばれるお墓もその一つ。木々や草花に囲まれた庭園のようなタイプのお墓です。

 実際に、お墓を選ぶ際には自分なりのこだわりを重視して選ぶという人が増えています。鎌倉新書が実施した「いいお墓/第8回 お墓の消費者全国実態調査」(2016年)では、「墓地・霊園を選ぶのに一番重視した要素」として「一般墓か樹木葬かなど、お墓のタイプ」が全体の23.4%と最も多い回答となりました。

 「お墓参りに行きやすいといったアクセスのよさで選ぶという印象が強かったのですが、今回の調査で初めて、お墓のタイプを重視するという人が最も多いことが分かりました」(鎌倉新書

一方で「金額を重視」という回答は全体の9.6%。一定数はいるものの、より多くの人が、お墓のタイプなど自分の好みを大事にしていることが読み取れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ひと言

「お墓に入る」そのお墓は代々継承される。

ということができにくくなってきています。

  1  檀家にはなりたくない。

  2  そのお墓には入りたくない

  3  遠くでいけない。

  4   散骨、手元供養にする。

  5   永大供養にする。

 

などの理由が考えられます。お墓のスタイル、供養のスタイルの問題よりも、

「お墓はいらない = 面倒くさい」になってきている気がします。

この一言で片付けてしまうわけです。

私は「メンドクサイと思う事はとても大切な事」と考えるようにしています。